ファンドマネージャー

[+] | [-]

配当倍率とは

バイナリーオプションの用語で、バイナリーオプションをする際にチェックしたいのが、この配当倍率なのです。

これは、ペイアウト倍率とも呼ばれていて、戻ってくる金額が違ってきます。

つまりバック率で、為替が円高になるか円安になるかを予想して当たった場合、掛けた金額にこの倍率を乗じた金額が戻ってくる事になるのです。

この数値は実は、バイナリーオプションを扱う業者ごとに差異があるのです。 短期決済の取引だけを行う業者では1.5倍から2倍程度の倍率設定が多く、予想困難なものを扱っている業者では10倍以上の倍率設定をしている場合もあり、倍率が大きい取引で予想が当たると、戻ってくる金額が大きくなるのです。

バイナリーオプション ランキングを行う場合、判定期間、投資一口の最低価格、購入回数、通貨ペアの取扱い数などを確認して、自分に適した取引を選んでいく必要があります。

ペイアウト倍率の種類

バイナリーオプションのペイアウト倍率は、購入受け付け期間内に変動しないものと、購入開始から受付終了まで変動するものの2種類のタイプがあります。

ペイアウト倍率固定タイプ

価格が上がるか下がるかを予想するHIGH&LOW型は、受付期間内ならいつ購入してもペイアウト率が変わらないため、最大損失額と最大利益額が変わる事がありません。
予想しやすく、利益や損失がわかっている点は大きなメリットではありますが、取引の戦略バリエーションは多くありません。

ペイアウト倍率変動タイプ

倍率変動タイプの取引は、みんなのFXやIGマーケッツの「ラダーオプション」で取り扱っています。

購入開始から受付終了までの間に常時ペイアウト倍率が変動するのが、倍率変動タイプの取引です。

大体、今のレートから条件達成が難しいと予想される価格帯の倍率が上がり、条件達成ができそうな価格帯の倍率が下がっていくのです。

つまり、予想する価格帯のオプションを「いつ」「いくらで」買うかを判断する必要があり、取引が難しくなる一方で、戦略面が大きなポイントとなるのです。

権利放棄について

バイナリーオプションとは、オプションを購入してから判定時刻にならなくても、途中清算ができるという特徴ががあります。

オプションを購入して、保有ポジションの条件達成できる可能性が高くなると「含み益」となり、購入したすぐあとに利益の確定が可能となるのです。24Optionでこの機能が使えます。

オプション権利の放棄

一方で、目標レートよりも下がっていってしまった場合、「権利放棄」をすれば購入金額の一部を返金してもらえるため、損失額を少なくすることができるのです。