ファンドマネージャー

[+] | [-]

FXを少ない経験で楽しむコツ

これからFXを始める、まだ始めたばかりで取り引きにもっと慣れていきたい、と考えている初級者の投資家の皆さんにとっては、実戦での厳しい世界は少し気が引けると思います。
その原因の一つに、最低取引単位の大きさがあります。
一般的な取引業者では、投資する通貨の最低取引単位を一万通貨と設定しています。
証拠金取引のレバレッジを使い25倍の取り引きをした場合、ドル円の通貨の組み合わせで取り引きをしようと思った場合には、約40000円の書庫金が必要になります。
そして、一万通貨で取り引きを行う場合は、為替レートが1円上がれば10000円の利益が、1円下がれば10000円の損失があっという間に出てしまいます。
これでは、初心者の投資家にとっては、ハイリスクハイリターンだと言わざるをえないでしょうし、なかなか手が出なくなってしまいます。
では、この最低取引単位が、1万通貨ではなく1千通貨単位だったらどうでしょうか?
同じように為替レートが1円上下に動いたとしても、単純に考えて利益、もしくは損失の額はそれぞれ1000円分となります。
これでしたらば、お昼のランチ程度の額ですので、程よい緊張感のもとでのびのびと投資経験値を得ることが出来でしょう。
また、実際の投資での心理的な駆け引きや。独特のプレッシャーなどを感じることはできませんが、多くの取引業者が用意しているデモトレードで経験を積むという方法もあります。
デモトレードを有効に使い、取り引きの流れや雰囲気に慣れて置けば、実際の取引でも慌てることなく臨むことが出来るはずです。

FX取引業者の中にはシステムトレードなどと呼ばれる、自動売買を利用することが出来るものもあります。
日常的に相場やレートをチェックする時間が取れず、なかなか取引に時間が割けない場合でも大丈夫ですし、勝率の高いプロの取引方法やタイミングを学ぶことは充分な経験になることでしょう。

その他にも、取引業者の用意するキャンペーンを有効に活用する、という方法もあります。
業者間のお客の取り合いが激化している昨今では、キャッシュバックのついた口座開設キャンペーンを展開している業者も増えています。
このキャンペーンに乗れば、取り引きでの資金をサポートしてもらえるので、取り引きでの資金リスクがぐんと軽減できます。
また、多くの場合は、こうしたキャンペーンの条件として、口座開設と共に、一定回数の取り引きを行うことを盛り込んであることがあります。
この条件を逆手にとれば、なかなか踏ん切りがつかず、つい投資から足が遠くなりがちな初心者の心理を払しょくすることもできるので、まだ本当に始めたばかりという投資家にとっては良い度胸試しになるのではないでしょうか。